一棟売りマンションを見定めましょう|鋭い洞察力

男性

余った土地の有効活用

パーキング

収入を税金にあてる

特に、普段から利用もせずに放置している土地を持っている人がいるならば、駐車場を設置するといいでしょう。利用のない土地でも、所持している以上、固定資産税などの税金はかかってしまいます。しかし、少しでも収入が確保できる、駐車場にすることで、固定資産税などの税金にあてることができます。駐車場は、費用をあまりかけることなく設置できます。例えば、開いている土地を、賃貸用の建物を建てるために使いたいと思っても、建設費用や、その後の建物の維持費が必要です。駐車場は、その費用の何倍も安くで始められます。管理が大変だという場合、駐車場の管理会社に土地を貸し、管理を任せてしまうこともできます。マージンは必要となりますが、管理や運営を任せた上での設置できるので、お勧めです。

税金対策とその方法

個人で駐車場を設置するならば、工夫すべき点があります。それは、駐車場の土地の状態です。費用をかけずに、砂利石が敷かれたのみの設備の場合、更地と同じ扱いになってしまいます。更地と同じ状態では、構築物として扱われないため、固定資産税の軽減になりません。もし、固定資産税の軽減も行いたい場合、少し投資してでも、アスファルトやコンクリートを敷くといいでしょう。これだけで、固定資産税の軽減が可能になるのでお得ですよね。また、そうすることで、相続税の対策になるかもしれません。アスファルトやコンクリート状の駐車場の場合、「小規模宅地」として扱われ、特例が受けられる可能性があります。この特例を受ければ、相続税の課税価格に算入しないといけない価格の計算から、一定が減額されるのです。